ビリヤード ブリッジ

ビリヤードのブリッジ

ブリッジの正しい作り方を覚えましょう。

 

これは、ビリヤード上達のためにも欠かせない、
キューを支えるためにもう一方の手で作る指の形をブリッジと呼んでいます。

 

ブリッジを正しく作ることで、安定したショットを
打てるようになるので、ビリヤードの上達になります。

 

逆に、ブリッジがしっかり作れていないと
ミスショットが増えると思ってください。

 

まず、キューを握っていないほうの手をテーブルに置いて、
出来るだけ指を開くようにしましょう。

 

次に人差し指を上に向かってあげて、中指を親指側に、
親指を中指側に向かって伸ばし、親指が中指の第二関節にあたるように置きます。

 

あとは親指にキューを乗せて、キューの上から人差し指をかぶせればブリッジの完成です。

 

安定したショットを打つためには、中指〜小指までを極力開くように意識して、
テーブルに押しつけるようにします。

 

このブリッジは、色々な場面で使うことが出来る「スタンダードブリッジ」と呼ばれるタイプです。
ビリヤードが上達してきたら他のブリッジもやってみましょう。

 

レールに手を広げておくレールブリッジ・Vブリッジなどの種類があります。

 

ブリッジを作ることは、ビリヤード上達のための基本とも言えます。
ショットを打つ前にマスターしましょう。

 

家で出来る練習もあるので、時間を見つけてテーブルとキューを使ってやってみましょう。

 

ブリッジの作り方を間違えていた人は正しい作り方をマスターするだけで、
ビリヤードが何倍も上達しますよ。