ビリヤード タップ

ビリヤードのタップ

ビリヤード上達について考える中で、
タップについても知っておいた方が良いです。

 

タップとは、キューの先についている皮の部分のこと。
ティップと呼ばれたりもします。

 

これは消耗品であることを知っておきましょう。
また、ずっと同じタップを使い続けることは不可能です。

 

初心者におすすめのタップは、柔らかめに作られているものです。
逆に上級者になればなるほど、硬いものを使用しています。

 

柔らかいタップの特徴は、ショットを打った時に
小さな乱れをコントロールしてくれるという特徴を持っているからです。

 

ちょっとしたブレ程度であれば、タップによって吸収されるので、
安定したショットを打つことが可能です。

 

どうしても小さなミスが目立つ人場合は、タップを使い分けてみましょう。

 

S(Soft)・M(Medium)・H(Hard)のように
表示されているものが多いので知っておきましょう。

 

逆に、ある程度ショットが思うように打てるようになったら、
硬めのもののほうが小さな動きをつけやすいです。

 

ビリヤード上達のためにタップを考えることは非常に大切です。

 

ビリヤードを上達させるためには道具の基本について
知っておくことも重要なので、自分でタップの交換をしてみてるのも良いでしょう。

 

ビリヤードが上手な人は、定期的にタップの交換をします。

 

手入れをするための道具が売られているので、
まずはこちらを手に入れましょう。

 

お店に頼む方法もありますが、有料のところが多く、
自分でやったほうが安く済むこともあり、やり方を覚えた方が良いでしょう。