ビリヤード用語

ビリヤード用語

ビリヤード上達のためにも、基本用語は完全にマスターしましょう。
誰かに教わる時にも、用語で言われて「分からない」では、
教える側も嫌になってしまう可能性があります。

 

そして、用語を覚えておいた方が上達が早いです。

 

・厚み(あつみ)
手球と的球がショットする人から見てどれくらい重なっているかという具合のこと。

 

・イメージボール
的球への当たりを想像するために使う想像上の球のこと。

 

・エイトボール
これは、ビリヤード上達のためにも覚えてほしいメジャーなゲームルールの一つです。
15番までのボールを使って、それぞれの球を入れたあと、最終的に8番のボールをポケットに入れたほうが勝ちとなります。

 

・空クッション
手球を的球にあてる前にクッションに入れるショットの方法のこと。

 

・クッション
テーブルの周りに貼られているクッション性がある素材のこと。

 

・キュー
ビリヤードをするためには必ず必要になる、ショットをするための棒のこと。
上達のためにもキュー選びには拘りましょう。

 

・コンビネーションショット
的球を他の的球、それをポケットのような流れの弾き方

 

・シュート
的球をポケットにいれること。

 

・ジャンプショット
手球をジャンプさせるための弾き方のこと。

 

・ストローク
キューを撞き出すために取る動きのこと。

 

・タップ
ビリヤードのキューの先につける皮で出来た部品。

 

・パウダー
キューの滑りを良くするために使われる粉末のこと。

 

・ファウル
反則行為を行うこと。

 

・ひねり
手球の右や左を撞くことで横回転を加えること。

 

・ブリッジ
キューをテーブルの上で固定するために作る手の形。

 

 

これらの用語を覚えることで、より早い上達を目指しましょう。