ビリヤードキュー 握り

ビリヤードキューの握り

ビリヤード上達のために正しいキューの握りを
知っておくことは、絶対に必要です。

 

左手はブリッジを作るために意識を集中させますが、
その分キューを握る右手側は、適当に握りがちなので注意しましょう。

 

また、ブリッジを作る側の手は視界に入ります。
しかし、キューを持つ利き手側は視界より後ろになるので、
意識して正しい握りをするようにしなければなりません。

 

まずは、ビリヤードのキューの重心を知ることが大切です。

 

上達してくると、すぐにどのあたりに重心がくるのかが分かりますが、
慣れないうちは都度確認をするようにしましょう。

 

重心が分かったらそこから少し後ろを握るようにします。

 

この「少し後ろ」は、個人によって差があるので
正確に何センチとは言えませんが、多くの人は
8センチ〜12センチ程度の間を握ることが多いです。

 

ビリヤードを上達させるには、
自分にとって一番合っている握りの位置を分かっておくことが大切です。

 

自分が握りやすいポイントからズレてしまうと、
的が合わせづらくなるので気を付けましょう。

 

握り方の基本は、親指と中指で支える方法です。

 

他の指は軽くバランスを取るために沿える程度の力加減にして、
出来るだけリラックスして、軽く持つのがポイントとなります。

 

手のひらもキューに押しつけるというイメージではなく、
触れるかどうかという程度の力加減を知っておきましょう。

 

ビリヤード上達のためには自宅での練習が必要となります。

 

キューの握りは自宅でもやりやすい練習なので、
是非やってみてはいかがでしょうか。